なぜオリンパス事件の特報は、日経出身だったのか

=PRESIDENTオンライン(2012/07/20)より=

月刊誌「ファクタ」でオリンパスによる損失隠しの実態を暴き、3月に「雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を受賞した山口義正氏。水面下で内部告発者とパイプを築くとともに、財務諸表を丹念に分析することで特報をモノにした。

山口氏は日本経済新聞出身で、同紙在籍時には証券部で企業財務や資本市場を取材。日本公社債研究所(現・格付投資情報センター)でアナリストとして働いたこともある。本人が「オリンパスのバランスシートに異常を見つけるうえでアナリスト経験が役立った」と振り返るように、専門性を生かすことで調査報道のお手本を示したといえる。

山口氏によるオリンパス事件の報道は、2001年に米史上最大級の粉飾決算発覚で経営破綻したエネルギー大手エンロンをめぐる報道と酷似している。

エンロン事件では、経済誌「フォーチュン」の記者ベサニー・マクリーン氏が最初に粉飾決算の可能性を指摘。しかし企業側から全面否定され、取材協力も得られなかった。最初の数カ月は、大新聞がファクタのオリンパス報道を無視したように、エンロン事件でもマクリーン氏の初報を追いかけるメディアはなかなか現れなかった。

続きはニュースソースで。

◆記事ソースリンク:PRESIDENTオンライン

※画像はPRESIDENTオンライン

2012-07-28_002137.jpg
スポンサードリンク


◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによる記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。