富士フイルム「FinePix X100」、カメラ記者クラブ賞を受賞(記者クラブ関連ニュース)

 富士フイルムの一眼レフを凌駕する高画質を実現した高級コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」が、カメラグランプリ2011において「カメラ記者クラブ賞」を受賞したという。



 カメラグランプリは、アサヒカメラ、カメラ年鑑、カメラマン、CAPA、コマーシャル・フォト、デジキャパ!、日本カメラ、ファットフォト、風景写真 、フォトコン、フォトテクニック デジタルなどの写真・カメラ関連誌のメカニズム担当記者の集まりであるカメラ記者クラブが主催しており、「カメラ記者クラブ賞」はカメラ記者クラブのメンバーが選んだ、大衆性、話題性、先進性に優れた製品に対して贈られる。



 今回受賞した「FinePix X100」は、シャッタースピードなどの撮影情報をデジタル表示する独自の光学ファインダーと、144万ドットの高精細液晶パネルを使った電子ビューファインダーの2つのファインダーを、撮影シーンに応じて自在に切り替えて使える世界初の「ハイブリッドビューファインダー」を搭載。新開発のフジノン23mmF2レンズ、APS-CサイズのCMOSセンサー(1230万画素)、新・画像処理エンジン「EXRプロセッサー」により、一眼レフを凌駕する高画質を実現した高級コンパクトデジタルカメラとなっている。



[続きはこちら] 財経新聞 5月23日(月)

スポンサードリンク


◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによる記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。