記者クラブへの対策

記者クラブへの対策


◆記者クラブ.jpスポンサードリンク



記者クラブへの対応の仕方が効果の分れ目


日本に800以上あると言われている記者クラブの、一体どこにアプローチしたら良いか?これがまず最初に考えなければならないことです。例えば化粧品会社は一体どの記者クラブが担当するのでしょうか?答えは、鉄鋼会館内にある重工研究会です。この記者クラブでは、非鉄金属、化学品関連の業種を担当しており、化粧品がその分野に入るのです。この記者クラブでは、このほか医薬品、繊維業界も担当しています。またホテルや旅館はどこの記者クラブが担当するのでしょうか?それは国土交通記者クラブです、この記者クラブではレジャー関連の施設も担当しています。プレスリリースの発表は、案件によって複数の記者クラブに配布することも可能です(ただしその場合は、リリースに配布記者クラブ名を明記しなければなりません)このように、数ある記者クラブを選択するところから、考える必要があるのです。


避けるべき対応を知ることも対策のひとつ


前述したように、記者クラブには様々なルールがあり、それらは記者クラブによってまちまちです。48時間ルール、未発表ニュースであるのはもちろん、発表申し込み内容や日時の変更、キャンセルなど避けるべき事柄があります。


記者クラブの対策にはサポートが不可欠


こうした記者クラブの決まり事や、慣習を理解したうえで、記者クラブとの接点作りが始まります。それには、プロのPRマンのコンサルティングやサポートが不可欠です。

スポンサードリンク


◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによる記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。