記者クラブ一般リストを無料公開中です

日本の記者クラブ連絡先一覧リスト

◆日本の報道機関と記者クラブ


記者クラブは日本の報道機関と企業/団体との接点となる重要な位置を占める制度であり、その発端は1890年の大日本帝国議会において、傍聴取材を要求する記者達によって結成されました。日本新聞協会によると、その存在は「記者クラブは、公的機関などを継続的に取材するジャーナリストたちによって構成される取材・報道のための自主的な組織」と位置付けられています。現在、日本国内には大小様々なな記者クラブが存在しています。記者クラブとの接点を持たないと取材ができない状況というのが実際に存在し、公的なものである場合がほとんどですが、民間運営の記者クラブも存在し、更に、一般紙と業界紙専門紙に2分されています。

◆記者クラブスポンサードリンク




◆記者クラブの活動の例


最も分かり易い記者クラブの活動の例としては、首相官邸における取材且つ度を挙げることができるでしょう。首相官邸のような場所での取材は誰もが実施できるものではありません。身元が明確化され、正式に登録を行った報道機関が、ルールを守って同じ仕方で取材を行うわけです。多くの場合は取材室や記者室といった場所がそれぞれの記者クラブを内包する機関施設内に設けられています。そこに駐在する形で登録された媒体社に所属する記者が、該当記者クラブ内で発表または公表される情報を取材し、各報道機関でニュースとして発信されていきます。また、中央だけでなく地方都市においても、県庁舎、市庁舎、商工会議所等の中に記者クラブを有しているケースが多く、ローカルトピックスに密接した報道記事作成のために、自治体発表資料はもとより、広く一般から情報を受け入れているケースも多くあります。

◆記者クラブの責任


記者クラブによって取り扱う情報は多種多様となってきますが、どのような記者クラブであっても報道機関を支援するある種特別な存在として、確かなプライドと責任を担ってその業務を実行しています。その閉鎖性から批判がある一方で、実際のところ、記者クラブでなければ入手することのできない情報が現在の多くのマスメディアを含むニュース源の多くを占めているのは事実です。そのため、日本の報道機関においては、記者クラブの占める位置の重要性は言うまでもなく、これは即ち、広報的視点で情報発信を思案する企業、団体にとっても記者クラブとの付き合い方には懇切丁寧さが求められます。記者クラブでの情報公開の仕方、ニュース性、最終的に記者クラブに所在する記者の方々に対して与える印象が、各報道機関の発行媒体、放送番組内ででどのように扱われるかに大きく影響していくことになります。

◆記者クラブのメリット


記者クラブは、その存在自体がいくつかの報道機関の記者が集まった特殊な取材組織となっているため、偏った圧力や不公平な情報が流れないといったメリットがあるといえるでしょう。また、企業や団体の公式発表などを迅速にマスメディアに伝達する事が可能になります。その分、記者クラブというのは、いわば報道のプロが集まっている場所ですから、取り繕っただけの浅い内容の情報発表だけでは、印象の悪い記事になってしまうことでしょう。情報の受け手(記者)の事を十分考慮した上で、発表側にとっては事前の準備が大変重要になってくると言えます。

◆記者クラブへの発表を行う側として


記者クラブにて報道発表、資料配付を行う側の準備が重要だと触れましたが、「黒板協定」「48時間ルール」等、一般の人にとってはあまりなじみがない記者クラブ独特のルールが存在していることも実際です。また、記者クラブ所属のマスメディア媒体に対する研究や発表そのものに関するコミュニケーションテクニックも重要になります。もし、記者クラブへのコンタクトに関して万全の体制で臨みたいならば、広報PRのプロフェッショナルのサポートを受けてみることも1つの方法です。このような記者クラブへの準備対策として、記者クラブへの報道用資料配布代行サービスをお勧めいたします。

スポンサードリンク


◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによる記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


記者クラブ一覧情報館へのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。